読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学志入楽(慶應義塾大学通信教育課程)

思うところあり、慶應義塾大学通信教育課程(経済学部)に学士編入しました。志を持って楽しく学んでゆきたいと思います。

選挙とクーデター

 大阪スク、来週は総括と試験なので各論的な話は今日が最後。今日はアルゼンチン政治の話。講師は法学部の出岡先生。植民地には定住型と行政型があるというおさらいとアルゼンチンの植民地としての特徴と豊かさをもたらした源泉に触れられたあと、アルゼンチン政治の特徴たるポピュリズムの功罪が。アルゼンチンではポピュリズムで大衆受けを狙うペロン派が選挙では勝つためにポピュリズムによる諸政策に富裕層が反発する構造が続いていて、軍もそれに乗っかって、ポピュリズム(ペロン派)が選挙で勝つとそれを引きずり下ろすためにクーデターが行われるという選挙とクーデターのいたちごっこ状態。開いた口がふさがらなかった。

 また、アルゼンチン債務危機の原因が州知事(地方ボス)の力が強いという地方制度で中央政府の緊縮路線がじゃぶじゃぶの拡張財政の地方政府にかき消されて借金大国になってしまったということにあったと知りました。ブラジルもアルゼンチンも人口の少ない地域の議会議員定数が過大代表となっているが、両国では地方政治に大きな違いがある。

 明後日は選挙ですがパフォーマンスとか迎合とか耳の痛いことを隠そうとする小さな器の人達に政治はしてもらいたくありません。明日は大阪シティキャンパスでも入学ガイダンス開催。東京から職員の方が前乗りされているようで、講義中も明日の準備かレイアウトの打ち合わせ等をされてました。入学願書も配付されますよ。