読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学志入楽(慶應義塾大学通信教育課程)

思うところあり、慶應義塾大学通信教育課程(経済学部)に学士編入しました。志を持って楽しく学んでゆきたいと思います。

ブログについて

  卒業式が終わり、学位記を手にした今、通信での学習をテーマにブログ自体に書くネタもなくなって来ました。戴いたコメントの中に消えるのは困るというご意見もありました。今、わかっているのは71期のさくら組募集には出していないという事実です。

 今後のブログですが、消えるのは困るとの声もあり、後の方のご参考になればと削除は直ぐにする予定はありません。たまにメンテナンスの草刈り位はしているかもしれません。メールはメールフォームを残してありますので、ご質問等がありましたら、そちらからどうぞ。ベースの関西圏の方の前には何かの機会にひょこっと現れる事もあるかもしれません。

 どこかで私は細々とでも生きており、荒波に揉まれながらも卒業に向かって前に進もうという皆様の奮闘ぶりを傍らから見ております。そして、人生の中での貴重な何年かを使って一つのことを成し遂げようと奮闘される皆様のゴールを祈っております。

   慶應通信、色々なことがありました。入学した時からは履修の仕組もITシステムも劇的に変わりました。しかし、変わらないのは、学問が開かれている事の素晴らしさとその事は決して当然の事では無く、実はかなり貴重な事で多くの方の目立たない努力により、それは成り立っているという事です。卒業式の日に改めて気付きました。

   慶應通信で選んだ経済学は実は前学では一番やりたくない分野でした。純粋文系人間には辛い。苦手なのは今も変わらないですが、一番苦手な分野に敢えてトライして、学位記を得た経験から得た耐性はこれから生きていく基礎には間違いなくなってくれるかな。

   取り敢えず、中締めで。合格通知の報もちらほら出てきましたね。合格通知をゲットされた皆さん、合格おめでとうございます。勉強面での忍耐とか、書類提出とかの手続面での慎重さとか、特に初回の卒論指導に出す時の大胆さとか、いろいろ必要な慶應通信ですが、やり切ったときの達成感は何事にも代えがたいものがあります。是非、最後までやり遂げてください。10月入学をお考えの方もこの慶應通信という広大な宇宙には言葉では言い尽くせない何かがあります。