読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学志入楽(慶應義塾大学通信教育課程)

思うところあり、慶應義塾大学通信教育課程(経済学部)に学士編入しました。志を持って楽しく学んでゆきたいと思います。

公と個

憲法(E)のレポは先日提出しました。だからというわけでは無いが、昨日の某テレビ番組で某政権党の憲法改正担当者が受けていたインタビューが目に留まった。「公益」をやたら強調していた。行政をもっとやりやすくするため云々。レポをこれから提出する人もいるので詳細は控えるが、憲法の思想史的淵源と基本的発想を踏まえていればそんなことが口から出てくるはずはないのだが・・・。人権が国際化していて、その充実度をグローバルスタンダードとして競い、経済にも影響する時代なんだが・・・。憲法は権力を法により拘束することで人権を保障するためにあるし、衝突した利益の相互調整を行う仕組みもある。憲法の基本的発想からして、国家権力は使いにくくして当然なのだ。この発想が無いものを為政者が勝手に「憲法」と呼ぼうが、それは議論に値しないものである。